Kazuhiro

SATO

Medical Art Director

PROFILE-プロフィール

佐藤和弘

​​メディカルアートディレクター

複数の医療機関で約10年間透析医療に従事しながら、グロービス経営大学院に進学、MBA(経営学修士)を取得。現在、ノンテクニカルスキルを通じて医療機関や介護施設の問題解決と組織変革を伴走している。

また、経営者や管理者へのコーチングも行っている。

メディカルアートディレクター:

医療(メディカル)組織(アート)の演出家(ディレクター)を意味する造語。医療は、エビデンスに基づく医学(サイエンス)と、それを業務に落とし込んで正しく実行する組織(アート)からなる。組織に唯一絶対の答えはなく、同じ組織でも刻々と変化し続ける、まさにアートの世界である。このアートの世界である組織を変革するためには、現状満足の空気を変化に適応する空気に演出していく「ヨソ者」の存在が必要不可欠である。

本人は自らを「組織変革屋」と名乗る。

メッセージ

​なぜ、医療に組織変革が必要なのでしょうか。それは、変化に適応する者が生き残るように、変化に適応する組織がこれから有事へと向かう激変の時代を生き残っていくことができるからです。

 

しかし、組織には「このままでいい」という現状満足の空気が存在し、変わることを最後まで拒み続けます。この現状満足の空気から脱却し、あるべき姿と現状のギャップを埋め続ける組織へと変革するために、これまであらゆる医療機関の組織変革を伴走してきました。

 

そして、医療そのものがテクノロジーになるこれからの時代。人工知能やロボットと共生する組織への変革が必要不可欠です。

組織変革屋として、これからも変化に適応する組織への変革を伴走していきます。

 

knowledge-知識

ノンテクの提言1
ノンテクの提言1amazonページへ
ノンテクの提言2
ノンテクの提言2amazonページへ
ノンテクの提言3
ノンテクの提言1amazonページへ

Experience-経歴

2002-2012

臨床工学技士時代

​透析医療に没頭した10年間

やっとの思いで就職した医療機関で従事することになった透析医療。透析治療を受け続ける患者さんの苦労と苦悩、生命維持管理を行う透析医療の重要性、そして医療者である自分の努力が患者さんへの医療の質に影響することの素晴らしさに感銘し、学びの虫になった。専門分野は透析液清浄化とダイアライザなどで、数多くの学会発表を行い、職能団体の部会の委員長なども務めた。

2009-2011

ノンテク教育開始時代​

医療になければ自分でやるしかない

グロービスとの出合いによって、医療にテクニカルスキル(専門技術)だけでなくノンテクニカルスキル(非専門技術)が必要であることに気づいたが、このような教育は当時の医療では皆無に等しかった。「だったら自分でやるしかない」と、当時従事していた医療機関の教育にノンテク教育を導入。さらに、当時委員長を務めていた事故対策会議で、ノンテクを使った問題解決の議論を行ったところ、医療の質に貢献した。この実感から、2011年4月から院外の医療者にもノンテク教育を提供し始めた。

現在〜未来

組織変革とテクノロジー時代​

​テクノロジーと共生する組織への変革

人工知能の話題を聞かない日はない現在でありながら、医療では人工知能などのテクノロジーが業務に取り入れられていないどころか、ほとんど話題にすら出ない。

世の中の変化の流れと隔離されたように、医療現場では時が止まっている「浦島太郎現象」が起こっているのは、「このままでいい」「変わりたくない」という現状満足の空気に現場の組織が支配されているからだ。つまり、テクノロジーの問題ではなく、組織の問題なのである。

​これが、組織変革とテクノロジーが不可分の関係にある理由。医療そのものがテクノロジーになる時代を迎えるための最大の壁が組織文化である以上、テクノロジーと共生する組織への変革なしに、未来の医療はありえない。

組織変革屋として、テクノロジーと共生する組織への変革をサポートしていく必要がある。

〜2002

学生時代

​常に落第生だった

高校は成績最下位、3年の専門学校は4年で卒業、就職試験は4施設不採用。「響がかっこいいから」という理由で踏み出した医療への道は、敗者からのスタートだった。

2009-2012

MBA時代

グロービスとの衝撃的な出合い

いくら透析医療に関する研究(もどき)やマニアックな勉強をしても、目の前の患者さんの苦しみは一向に変わらないどころか、患者さんとの距離が離れていってしまっていることに気づく。これまで従事してきた医療の中にこの違和感の答えはないと考え、「だったら医療の外を見てみよう」と探し求めた結果たどり着いたのが、グロービス経営大学院だった。​このMBAスクールで最初に受けた「クリティカルシンキング」という科目で「考えるということに『考え方』がある」ということを知り、目からウロコの衝撃を受ける。それは、自分が受けてきた医療教育には全くなかった学びだった。

2013〜現在

ノンテク普及時代

全国にノンテクの種を撒き続ける「種蒔き人」

医療において、個人学習には限界がある。現場での業務は基本的に1人で行うわけではないからだ。医療教育は組織で学習することが最低条件であり、これ未満はありえない。したがって、ノンテクを院内研修など組織学習を前提に提供し、全国の医療機関にノンテクの種を撒いている。

加えて、ノンテクを学ぶ側だけでなく、教える側の医療者(ノンテクエヴァンジェリスト)も増えてきている。

ノンテクはオリンピックで金メダルを目指す競技をやっているわけではない。特別な才能や資格など必要なく、学ぶ側も教える側も自由にノンテクを生かすことができる。これが、ノンテクのあるべき姿である。そのために、ネット上に誰でも自由に使えるスライド動画など、あらゆるコンテンツをアップし、「ノンテクの民主化」を推進している。

これまでの講演

全国国立病院看護部長協議会、北海道看護協会主催看護地域別研修会、岩手県看護協会、東京都手術看護情報交換会、7大学連携先端的がん教育基盤創造プランFaculty Developmentセミナー、日本臨床工学技士会、大阪府臨床工学技士会、兵庫県臨床工学技士会、国臨協東海北陸支部学会、愛知県診療放射線技師会、神戸医療イノベーションフォーラム、MLB×Kagoshima、岩手県看護協会、人吉市役所、三重県臨床検査技師会、近畿地区手術看護認定看護師セミナー、ADVANCE、日本血液浄化技術学会、民医連第2回医療機器安全フォーラム、岐阜県臨床工学技士会、人吉球磨地域保健医療福祉活動ネットワーク「Fan」、近畿国立病院薬剤師会、Nara IPECH(奈良県主催)、居宅介護支援事業、万年青、日本在宅薬学会、岐阜県看護協会、日本女性薬剤師会、近畿民医連薬剤師会、日立製作所、名古屋大学、介護支援専門員協会有明支部&熊本県社会福祉士会荒玉・山鹿ブロックコラボ研修会、香川県臨床工学技士会、奈良民医連3病院合同看護セミナー、国立病院臨床検査技師協会・近畿支部、薬剤師あゆみの会、療養環境の質を高める会三河、檜扇の会、須高地域医療福祉推進協議会、水俣市介護保険サービス事業者連絡協議会、山梨医療安全研究会、全国国立大学放射線技師会・全国国立病院療養所放射線技師会合同医療安全セミナー、奈良県専門看護師認定看護師協議会、奈良県訪問看護ステーション協議会、兵庫医科大学医療人育成研修センター手術看護分野フォローアップ研修、デイサービス希楽里、南岡山医療センター、財団法人近江兄弟社 ヴォーリズ記念病院、特定医療法人岡谷会 おかたに病院、特定医療法人神戸健康共和会 東神戸病院、一般財団法人 児玉報謝会 成人病院、医療法人おひさま会、株式会社アポロン、桐生地域医療組合 桐生厚生総合病院、社会医療社団法人三思会 東名厚木病院 、神奈川リハビリテーション病院、公益財団法人 群馬県健康づくり財団、青森健康生活協同組合あおもり協立病院、赤十字病院近畿ブロック看護係長研修、介護老人保険施設やくしの里、国立病院機構宮城病院、独立行政法人地域医療機能推進機構人吉医療センター、国立病院機構神戸医療センター、東大阪市立総合病院、JA愛知厚生連渥美病院、独立行政法人国立病院機構岡山医療センター、訪問看護ステーションたちばな、北播磨総合医療センター、医療法人協和会 協立病院、玉名地域保健医療センター、ゴダイ株式会社、桜十字病院、てらさきクリニック、四国こどもとおとなの医療センター、豊川市民病院、市立加西病院、福井大学医学部附属病院、新潟県済生会三条病院、ファーマシステムズ、市立豊中病院、まえはら調剤薬局、株式会社てらす、老年病研究所附属病院、医療法人仁慈会太田歯科医院、社会医療法人平和会 吉田病院、JA愛知厚生連 稲沢厚生病院、国家公務員共済組合連合会 呉共済病院、金沢医科大学病院、群馬県病院局、国立病院機構中国四国グループ、中川調剤薬局、達者の家、鐘ヶ丘ホーム、龍生園、ファルメディコ株式会社、株式会社グローライフ、チクバ外科・胃腸科・肛門科病院、きいれ浜田クリニック、千寿園、こぼり園、ひろやす荘​、清泉、益城町地域支え合いセンター、さわらび、旭川医科大学病院、医療福祉考動塾PLUSONE、国家公務員共済組合連合会名城病院、デイサービスおたふく、鹿児島厚生連病院、小林記念病院、吉田薬業、石川県臨床衛生検査技師会、美里在宅支援事業所、長野県看護協会長野県病院薬剤師会合同研修、群馬県看護協会、血液浄化関連指定講習会、福岡女学院 福岡女学院看護大学、川崎医療福祉大学、神戸大学大学院医学系研究科 など

 
 

​これまでの執筆

2014年10月「図解はじめてのノンテクニカルスキル シンプルな思考・伝達・議論・交渉・管理・教育60の技術(日総研出版)」

2016年11月「問題解決型リーダーになる4つのチカラ(ノンテクニカルスキル実務編)(日総研出版)」

2017年2月「ノンテクの提言1 医療現場の問題解決と組織変革( Kindle)」

2018年2月「ノンテクの提言2 医療現場の問題解決と組織変革( Kindle)」

2018年3月「ノンテクの提言3(ミニ提言版) 医療現場の問題解決と組織変革( Kindle)」

2019年11月「問題解決を導く決め台詞 ノンテクニカルスキル会話編(日総研出版)」

【病院安全教育 実践!ノンテクニカルスキルの院内教育】

2013年10・11月号第1回「ノンテクニカルスキルとは何か」

2013年12・1月号第2回「ノンテクニカルスキルの4つのチカラ」

2014年2・3月号 第3回「ノンテクニカルスキル院内研修のコンテンツのつくり方」

2014年4・5月号第4回「ケースメソッドによる効果的な研修プロセスのつくり方」

2014年6・7月号第5回「考えるチカラ(ロジカルシンキング)とは何か?

2014年8・9月号第6回「問題解決フレームワークを使いこなす」

2014年10・11月号第7回「ファンクショナル・アプローチを理解する」

2014年12・1月号第8回「大事なコトから考える『重要思考』」

2015年2・3月号第9回「物事を効果的に伝える論理の三角形とCREC」

2015年4・5月号第10回「想いを届けるプレゼンテーションの技術」

2015年6・7月号第11回「議論を効率化させる実践ファシリテーション『仕込み編』」

2015年8・9月号第12回「議論を効率化させる実践ファシリテーション『さばき編』」

2015年10・11月号第13回「医療現場に必要なマネジメントとリーダーシップ」

2015年12・1月号第14回「合理と情理をマネジメントし医療現場を変革する」

 

【病院安全教育 ノンテクニカルスキルと組織変革の実際】

2016年2・3月号第1回「医療法人おひさま会の取り組み(前編)」

2016年4・5月号第2回「医療法人おひさま会の取り組み(後編)」

2016年6・7月号第3回「東神戸病院の取り組み(前編)」

2016年8・9月号第4回「東神戸病院の取り組み(後編)」

2016年10・11月号第5回「太田歯科医院の取り組み(前編)」

2016年12・1月号第6回「太田歯科医院の取り組み(後編)」

2017年2・3月号第7回「平和会吉田病院の取り組み(前編)」

2017年4・5月号第8回「平和会吉田病院の取り組み(後編)」

2017年6・7号第9回「中川調剤薬局の取り組み(前編)」

2017年8・9号第10回「中川調剤薬局の取り組み(後編)」

2017年10・11号第11回「チクバ外科・胃腸科・肛門科病院の取り組み(前編)」

2017年12・1号第12回「チクバ外科・胃腸科・肛門科病院の取り組み(前編)」

2018年2・3号第13回「群馬県立4病院の取り組み(前編)」

2018年4・5号第14回「群馬県立4病院の取り組み(中編)」

2018年6・7号第15回「群馬県立4病院の取り組み(後編)」

2018年8・9号第16回(最終回)「変革リーダーへの助言」

 

【外来看護 特別企画】

2014年10・11月号「ノンテクニカルスキル導入のススメ」

 

【手術看護エキスパート ノンテクニカルスキルの実践】

2015年3・4月号第1回「概要と思考技術」

2015年5・6月号第2回「説得力を高めるコミュニケーションと伝達技術」

2015年7・8月号第3回「リーダーシップとチームマネジメントを実現する管理技術」

 

【ナースマネジャー 概念化+論理的思考】

2016年12月号第1回「概念化って何?~その意味とスキル向上のコツ」

2017年1月号第2回「概念化の練習をしましょう!~箱をつなげてイメージする」

2017年2月号第3回「納得感を生むコミュニケーションの概念化」

2017年3月号第4回「概念化力でリーダーシップを発揮する」

2017年5月号第5回「問題解決の概念化と組織学習」

2017年6月号第6回「<ストーリーで学ぶ>概念化力と論理的思考力の実践」

 

【主任看護師 特集1】

2017年5・6月号「情報伝達・周知徹底できる”部署の空気”&”推奨ワード”とは?」

 

【看護部長通信 もうそこにある未来型医療(コーディネーター)】

2016年4・5月号第1回「未来の在宅医療(医療法人おひさま会 理事長 山口高秀氏)」

2016年6・7月号第2回「未来の調剤薬局(ファインメディコム株式会社 代表取締役 渡部弘一氏)」

2016年10・11月号第3回「未来の看護管理(独立行政法人国立病院機構高知病院 看護部長 長谷川美加氏)」

2016年12・1月号第4回「未来の歯科医療(太田歯科医院 理事長 太田博見氏)」

2017年2・3月号第5回「10年後に生き残っている医療(南日本ヘルスリサーチラボ 代表 森田洋之氏)」

2017年4・5月号第6回「テクノロジーが促す変革(佐藤和弘)」

【看護人材育成  特集】

2017年12月号「技術取得だけじゃない!気づきと自律が芽生える1対1のOJTスキル」

2019年12月号「苦手な難しいテーマだからこそ、研修教材にワクワク感を!〜問題解決・ロジカルシンキングが楽しく学べるビジュアルスライド作成」

【病院安全教育 特集】

2017年10・11月号「問題解決ツールを使ったインシデント分析と対策立案」

【看護人材育成 実践型OJTの技術 ノンテクで変わる!「かかわり」の手順とルール】

2018年2・3月号第1回「『人を動かす仕組み』の全体像を通じてOJTを再定義する」

2018年4・5月号第2回「人を動かすためのOJTの基本2W1Hコミュニケーション」

2018年6・7月号第3回「『2W1Hコミュニケーション』を深める」

2018年8・9月号第4回「問いかける技術:論点思考」

2018年10・11月号第5回「意味づけ褒める技術-ポジティブフィードバック」

2018年12・1月号第6回「『人を動かすためのOJT』を 組織で行う空気をつくる」

【ナースマネジャー 師長の『ボス・マネジメント』入門】

2018年5月号1日目「ボスマネジメント って何?」

2018年6月号2日目「パワーと影響力を理解する」

2018年7月号3日目「問題解決力を高める」

2018年8月号4日目「論点思考で上司の意見をコントロールする」

2018年9月号5日目「論理の三角形で説得力を高める」

2018年10月号6日目「組織の空気で上司を動かす」

【看護展望 特集】

2018年6月号「問題解決型コミュニケーション」

【主任看護師 特集】

2018年7・8月号「年下師長との付き合い方のコツは"ボスマネジメント"にあり」

【病院安全教育 ストーリーで学ぶ 医療安全管理者のためのノンテク導入塾】

2018年10・11月号1日目「医療安全に関する3つの常識を健全に批判する」

2018年12・1月号2日目「研修スライドを使って ノンテクの基本を学ぶ1」

2019年2・3月号3日目「研修スライドを使って ノンテクの基本を学ぶ2」

2019年4・5月号4日目「『ノンテクの基本を学ぶ1』の内容のポイントと提供のコツ」

2019年6・7月号5日目「ノンテクの基本を学ぶ2の内容のポイントと提供のコツ」

2019年8・9月号6日目「模擬研修の振り返りと教訓」

2019年10・11月号7日目「研修ゴールにならないための実行計画の重要性」

2019年12・1月号8日目「実行計画の振り返りと『学び方』を学ぶ重要性」

2019年2・3月号9日目「教訓の引き出し方を学ぶ」

2020年4・5月号10日目「学びのPDCA研修のためのディスカッションリードの基本」

【地域連携 入退院支援 理解する・議論する・調整する・伝える技術〜ノンテクニカルスキルの実践』

2019年1・2月号第1回「コミュニケーションの世界地図を手に入れる」

2019年3・4月号第2回「理解しやすい意見に変える 論理の三角形」

2019年5・6月号第3回「最もシンプルな論理的コミュニケーションの技術〜ビッグワードを使わない①」

2019年7・8月号第4回「最もシンプルな論理的コミュニケーションの技術〜ビッグワードを使わない②」

2019年9・10月号第5回「論点を制する者はコミュニケーションを制する〜論点思考の基本」

2019年11・12月号第6回「論点思考によってコミュニケーションの世界地図を使いこなす」

2020年1・2月号第7回「人を動かすためのパワーと影響力を理解する」

2020年3・4月号第8回「『伝える』を『伝わる』に変える、『気づきを生み出すプレゼンテーション』の基本」

2020年5・6月号第9回「プレゼンテーションの具体的なテクニック」

 
CONTACT-お問い合わせ

​ノンテク教育の講演依頼や組織変革に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

講演料3万円/時間​(交通費・宿泊費別)

メールアドレスはお間違えのないよう正しくご入力お願いいたします。

  • 佐藤和弘のFacebook
  • 佐藤和弘のTwitter
  • 佐藤和弘のLinkedin

© 2018 by Kazuhiro Sato